読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全部あなたのせいにして

映画も観ずに何時間も話した映画館

色違いのサッカーTシャツ2011年

2ケツしてダッシュで向かう通学路

夜中に走ってきてくれたあの家

結局全く付けてくれなかったギザギザリング

何も塗らないトーストとほんのり甘いヨーグルト

キーケースもパスケースもそのまま

設定したはずなのにあいつは鳴り続けるし

なんなのよもう

 
バーミヤンで祝う誕生日19歳
安いチェーン店でビールを飲む深夜1時
トーストとヨーグルトは大体8時
病み歌詞の音楽ばっかり聞いてた大学2年生
鳴り続ける音24時
最高のサンタさんが来たのは25日の朝
転機は3月2日の23時過ぎ
 
 
人はいつから呼び方を変えるのかな
○○さん、○○、パパママ、おじいさんおばあさん、
不思議だね、○○のまま呼び合ってる夫婦はどれくらいいるかな
 
人はどんなタイミングで人を好きになって、好きじゃなくなっていくんだろう
移り変わってしまうのね
永遠なんてない
今この瞬間にあなたのその胸に響け
イヤホンからの声
変わるからこそ、いまが大事で
いまを大事にすることで、変わっていく
変えたくないこと、変わりたくないこと、どうにかして変えたいこと、変わらなきゃいけないこと
 
渋滞にはまる高速バスの窓に映る自分
鈍行列車で対向列車とすれ違う
船から見る非日常の景色と高鳴り
遠いと思っていた距離が一瞬で過ぎる飛行機
あえて3駅くらい手前で降りて歩いて帰る
坂道を一気に自転車で駆け抜ける
大事なことは相手のペースを知ること、変化に気がつくこと
合わせなくてもいい、気がつけるか、相手のペースが心地よいと思えるか、心地よいペースで進んでいける流れをお互いが知っていること
 
 
 
最後の日がきたとしても
変わらない隣にいなくても
逆剥けた指の報せ
蹲り小さい背中
擦りむいた記憶辿る
涙流れる
深く深く息をする
躊躇うように
貴方の傷跡をそっとなぞる
強がる僕を笑う
いつもの空に浮かんだ夕べと
強がる僕を笑う
 
伝えたい答えなんてない
日常と交わって
嘘みたいこれじゃバカみたい
全部あなたのせいにして