読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢を持つこと、夢を見ること

今日がずっと言っていた、大事な大事なお仕事の日でした。

すごく大きなことを成し遂げたわけでもない、ごくごく小さなこと。

でも、この小さな一歩がこれからの未来を変えるかもしれないし、日常に埋もれてしまうほどの小さな背伸びで、富士山にだって行けちゃうかもしれないのよ。そう思うとワクワクするよね。


わたしの仕事は、毎日

当たり前ってなに?

を繰り返すお仕事です。

当たり前なんかありません。

よくそんな言葉聞くかもしれないけど、本当にそうなんです。

世界に目を向けたらいくらでもそんなこと言えるけど、私が言いたいのは、もっともっともーっと小さなこと。

例えば、ひとりで街を歩いたり

文字を書いたり読んだり

好きなお店に入ったり

みんなと何かをしたり

行きたい時にトイレに行ったり

お腹がいっぱいだと感じたり

そんな些細なことです。


いつもは同じであるべきなんです。

毎日は同じであるべきなんです。

安心はそこにあります。


崩したい。

そしてパニックになる彼らを受け容れる世の中を作りたい。

何ができなくたっていいんです。

むしろ何もしなくていいんです。

だって同じだもの。みんな同じよ。苦手なことや出来ないことが違うだけ。その分あなたやわたしより出来ることだってたくさんある。


育つ苦労も育てる苦労も、

たくさんたくさん肌身で感じて

お母さんの涙や手紙や言葉

お父さんの語る背中

まだまだ知りたい。伝えて欲しい。引き出したい。


わたしの仕事は、

頭が良くなくても、知識がなくても、資格がなくても、誰にだって出来る仕事。

でも、誰にも真似できない仕事。


いつかの日のために

ちっちゃな一歩を踏み出してくれてありがとう。

よく頑張ったね。