読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4月になってからもう20日

自分がやってる仕事が全てだとは思わないしこれしかないとは思わないけど

「好きだー」って思えることがとにかく嬉しくて幸せで誇り

好きなことややりたいことはいくらでもあるけど、今の仕事があってからこそだし、

譲れない何か

が自分の中でハッキリしてるのは強みだと思う


才能やセンスは自分じゃなんとも言えないけど、

少なくとも他人からの評価があって自分の中の確信に繋げているなら、驕りでもなんでもないし、持つべき自信だと思う


ある程度の自信と安定さは必要だよ



方法はいくらでもあって、

しかもそれのどれもが正解で不正解にもなりえる世界で、

みんなで手探りで

正解に近い道

を見つけていくのは本当に楽しいし難しい

毎日毎日反省して、うーんじゃああれはどうだろう、これはどうだろう、毎日違う気がして、でもそれが未来に繋がる気もして

日々どうしたらいいのか分からないまま、その日を過ごす感覚

辛いよ、確信もないし、ましてや他人の人生が懸かってる

でもそれが醍醐味で、面白くて仕方がなくて、

うーん

真面目に仕事の話を仲間とするのが好きだ

仕事終わりに上司とふたりで話したり

お酒を飲みながら先輩と同僚と議論したりたまに愚痴ったり

会議しながら泣いちゃったり

うーん

つくづく根は真面目だわ。笑


もう2週間

されど2週間

まだまだ時間はあって

でも瞬間瞬間が大事な時間


毎日同じで

毎日違う


あー楽しいな

あー難しいな


そんなこんなで4月になってから日々模索しながら楽しく過ごしています以上!

夜のお散歩 ぜーんぶ独り言

金曜日、締め日だったにも関わらず、雨パレのワンマンツアーファイナルだったので放り出してきてしまった仕事を終えて
そのままお家に帰るのも勿体ない気持ちの良い夜
ふと思い立って荒川の土手までお散歩
夏になったらアイスやビール片手に来よう

ここからの眺めが好き
宙に浮くように電車が走ってて
その下を競争するように車が追いかける
街灯もないから星も見える
街も近いからキレイには見えないけど。

虫たちも鳴き出したね。
ジョギングする人たちもちらほら。

さぁ何を聴こうかな、
京都のレコード屋さんでたまたま手に取ったThe Australian Jazz Quintetを聴きながらオシャレに散歩をしてたんだけど
どうしてもBenthamに戻ってきてしまうのね。
だいすきなNEW LIFE
スローモーションからのUndulate、アナログマンの流れが好きで、いつもスローモーションから再生する。3曲リピートリピート。
きみいつも口ばかり。

風の温度が変わった
それとも少し汗をかいて冷えてきた?
あ、あれは10両くらいかなぁ
あの看板、この間写真撮りにきた時に邪魔だったなぁ
水に反面する光ってなんであんなにキレイなんだろう
昼間に来てグラウンドで鬼ごっこしたいな
夜の空のグラデーションが好き

世界が聞こえなくても
君の世界を僕の世界へ

車の通りなんてほとんどないのに、左右を確認してから渡るのは職業病かな

さ、そろそろ帰ろう
あぁこの間入った中華屋さんひどかったなぁ
写真仲間の先輩と歩いた時は寒い寒い言いながら、大声で笑いながら、この道通って帰ったなぁ

住み始めて2年目。
この街にずっと住み続けるつもりはないけど、まだまだたくさん思い出出来るんだろうな。
好きな街。
スズランが咲いてる、相変わらずあなたは可愛らしくて凛としてる。

毎日毎日ふと気がつくと考えてる
消えないで、消えないでしょうたぶん待ってんだよ

車なんていないのに赤信号はきちんと止まるよ
押しボタンのくだり、あ、さうしー聴こう。
そんなこと思ってる間にお家が近づいてくる
あ、気になってる”THE 喫茶店”。
今度昼間に来てみようかな。

うーん、そろそろ冬物クリーニング出していいかなぁ
いいなぁ、わたしもワンちゃんとお散歩したい。ずるい。
昨日夜の11時に食べる焼肉、美味しかったなぁ

間違いだらけの世界で 踊ろう

最近料理してないなぁ。
優しい味の和食食べたいな。

夢見る少女じゃいられないんだ
だって。ほんとね。

玄関の前に2匹の猫ちゃん
カップルかな?お友達かな?
にゃあにゃあ言ってるぞー
春だもんね
仲良く帰るんだよ

ふたり / 小手鞠るい

小手鞠るいさんの本がとにかく好きで、図書館に行ってはジャケット借りしています。

欲張って何冊も借りたくなるのを堪え、毎度1冊ずつ、丁寧に読んでます。

今回は ふたり という本から、中身を少しだけ。

ジャズが本にたくさん出てきているので、お勉強になります!巻末にまとめてくださっていたので、気になったものから聴いてみようと思います。




人が望むものを演奏してはいけない。自分の思い通りに演奏し、彼らにそれを理解させるんだ。たとえ十五年、二十年かかることがわかっていたとしても、だ


結局のところ人は、他人の心のなかを覗き見ることはできない。どんなに愛し合っているように見えるふたりでも、結局は、ひとりひとり。だから、相手が心の中で誰のことを思っていようと、自分なりのやり方で、その人を愛することしかできない、つまり、愛とはつねに「一方通行」であるのかもしれないな。言ってしまえば、愛とはつねにひとりの人の、その人だけの「秘密」なのかもしれない。
一方通行じゃなくて、両方からやってくる。音楽は、いや、音楽だけじゃなくて、この世で起こる出来事はすべて、生者と死者の「共演」なのかもしれないね。死者が生者を支えてくれている。見守ってくれている。死者のベースに導かれて、生者のアルトサックスが目を覚ます。釣られて死者も起き上がる。走り出す。ピアノもドラムも「生きているよ」と、歌い出す。互いに互いを生かし合っている。まさに、この世はジャズそのものだね。生きている者が死者の存在を孕むことによって、死んだ人も「生きている」ってことなんだよね。

無題

嫌い嫌い大嫌い

なんでなんでなんでなんでなんで

悔しくて涙が止まらないほんとに止まらない人間ってすごいね、こんなに泣いて一旦落ち着いてもまたこんなに泣けるんだね、なのにカフェオレ一気に飲んだからトイレも行くしなのに涙は止まらないし人間の身体にはどれだけの水分があるんでしょうねすごいわ


あーーー悔しい不甲斐ない情けないほんとに情けないくだらないバカみたい常識知らずで礼儀知らずでただの傲り野郎高みの見物かっての偉そうにいくつだと思ってんだほんとに買い被ってんじゃない?

こんなこと書きたくないけど悔しくて悔しくてしょうがないこの気持ち忘れたくないからまぁ忘れないと思うけどこんなに泣いといていや、分かんないな私のことだからケロッと忘れちゃうのかも

こんなに泣いたのDV紛いのメンヘラ元彼と別れられた時くらいかなぁどうだろう、どうだっていいやそんなのあー明日眼鏡で行こうかなでも眼鏡グチャグチャにされるの困るしなぁ腕も痣だらけだしもう好きにしてくれよ


最近言われてハッとした言葉たち

「出来ないやれないことなんてないよ。本気でやろうとするかしないかでしょ。」

「失敗上等、それが空振り三振のウチは怒らないし、フォローするよ。その代わり見逃し三振絶対するなよ、そん時は説教するから」

なんかさーほんとにさーわたしの周りにはつくづく素晴らしい人しかいなくてさーその分消えたくなることもあるんだけど、ほんとに有難いよ。嬉しい。幸せ。恵まれてる。ありがとうみんな。ありがとう神様。

でもさ、嫌なことがあるとつくづく思うんだけど、みんな私のこと買い被りすぎなのほんとに。ほんとにやめて。やめてよ。もう褒めるのやめてよ。なんで怒らないの?なんで守るの?もういいよ。いいんだよ。ありがとう、だいすき。でもほんとにもういいんだよ。お願いだからこんな奴のこともう褒めないでよ。しかも知らないところで褒めないでよ。失敗する度に申し訳なくなって、この涙は失敗した自分に対してもそうだけど、ほぼ申し訳なさの涙なのよ。もう、やめてよ。期待してくれたのに、わたしのこと支えてくれたのに、それに応えられなかったよ。またダメだった。こんな申し訳ないこと何回すればいいの?何回したら見捨てるの?いつでも期待に応えたいと思ってる。応援してくれてる、私のこと褒めてくれてる人たちに、少しでも期待より上をいくように、それでわたしもその分そんな人たちを支えられるようになりたいって思ってる。全然一欠片も一ミリも出来てないあー情けない。非力。

何目指してるのわたし?

何様なの??

感情に身を任せて生きてる。そんなの一番ダメなはずなのに。正解はなくてもこうしていくべきって信念はないといけないはずなのに。向き合えてない。全然。まだ1週間。されど1週間。始めが肝心なのに。でも過ぎちゃったものはしょうがないから、明日からどうするかは自分次第。心穏やかにするのもよし、ビシビシ行くのもあり、声を荒らげることもたまには必要だし、優しく声をかけるこも重要。信念なんてまだ偉そうなこと言えないし考えてないけど、正解なんてないことだけど、何が大事かは決めるべきだし、スタンスがあってもいい。あー東田くんの本読もう。同い年の彼。いつかお会いしたいな。


あーーーーーーーーーーーー

まだまだこれからーーーーーーーーーー

花言葉は「慈悲」

桜がきれいです

ハクモクレンもきれいです

街を運転していても、お散歩していても、とにかく綺麗で、春がもっと好きになる

スズランが咲くのはもう少し後かな、だいすきなお花

 

そんな風に感じない、あるいは興味のない人もいるのよね

共感

 

きれいだなって思うことも、痛いって思う感覚も、辛いって感じる点も、怖いって怯えることも、苦しいって嘆くことも、

人にはわかってもらえないことがある

気が付いたら大切な人が傷ついてるかもしれないし

その傷は自分がつけてしまったのかもしれないし

だってさ、わかんないよ人のことなんて

分かってるふりしてるだけだよ、みんな

いや、もちろんわかることは出来る、その人の立場になって考えることは出来る、でもその人がどれだけ苦しい思いしてるのかなんて本当に分かってほしい本質の部分は絶対に理解できない

だってそうだよ、指とか足とかところ構わず噛む、歯で思いっきり爪をむ、腕をつねることを何度怒られてもやめない、髪の毛を引っ張る、そんなことする彼らの苦しみなんて分かってあげられないでしょう

分からないよ、でも辛いんだよ、必死に抵抗してるんだよ、頑張ってる、精一杯生きて、いやなことを嫌と伝えたいだけ

泣きそうになることいっぱいあるよ

この子が頑張って生きている世界に、わたしがどれだけ影響をもたらすのか

わたしだって必死、正しいことなんて誰も分からないし、それなのに一歩間違えれば人生だって大きく狂わすの、そんなことなの

自分についた傷を見て、傷ついた時に自分がどれだけ痛かったのか、その時傷つけた子はどれだけ心が痛かったのか、考える、ドクドクする、生きるってなんだろうなんて哲学っぽいことを考える

本当のことは分からない中で、何をどれだけ信じるのか、どの対応が最善なのか、どれだけその子の個性やできること、できたこと、苦手なこと、興味のあること、好きなことに気が付けるか

日々模索、日々探求、そして日々自分の不甲斐なさや知識のなさに絶望して後悔してその繰り返し。それでいい。そこからどうするかが鍵。時間がない?お金がない?そんなのただの言い訳だよ。完璧主義で負けず嫌いのくせにうまくいかないで結局途中で放り出すくせにお何偉そうに言ってんだい。情けない。

最近自分が嫌いでしょうがないんだ、コンプレックスの塊。容姿なんて特に。不安でしょうがないんだよ。どうすればいいんだよ。確信がないままこんな風にダラダラ生きていて、不安に決まってるよ。何か軽くでもいいから約束してよ。そんなこと言えるわけないじゃない。くそぅ。いいよね、わたしはいなくならないだろうって思えるだろうし、いなくなったらいなくなったでバイバイでしょう?そんな心の余裕もないから、なるようになれーって思ってる、そんな程度でしょう。癒したいのになぁ。一緒にいたらわたしにも何か出来るんじゃないかなぁ。なんて思うのはほんとに身勝手なのかな、わかんないや、その人になってみないと。その状況に置かれてみないと。

仕事を切り上げて、来ないかもしれない人を待って。終電も気にせずに。次の日も仕事なのに。どれくらい連絡していいの?どれくらい待てばいいの?教えてよ、まだ何にも知らない。まだなんにも分からない。なんだかむしろ沼にハマっていってる。こんなにいつまで続くか分からない不安な状態初めてなんだもん。解決を急いじゃうわたしには本当、到底、どうしたらいいのか分からない。急がなくていい、でもごめんね待ってて。と言われれば、その言葉信じて待ち続けるのに。はーあ。ハマらなければよかったなぁ。うそ、そんなこと一ミリも思ってない強がり。くそぅ、恵まれてるのによくない。常に感謝の心を忘れずに。弱虫で強がりで優しくて。褒めてもらいたくて、認めてもらいたくて。真面目で実直で熱心で。

 

帰ってきてつく溜息。みんな一緒。

たまには落ち込む日があっても、それが続いてもいい。

それでも明日はやってくるからね。

すきなこと

f:id:miyonnn:20170401233542j:plainf:id:miyonnn:20170401233416j:plain



今日は何を着ようかなぁと考えることから1日がスタートすること

日用品を駅前のドラッグストアに買いに行くこと

食べたいものを決めてからスーパーで買い物をすること

ずーっと気になってた街のパン屋さんにやっと寄れたこと

洗濯をして、乾燥機を使わずに干すこと

たまにお掃除をすること

美味しくて行きつけのお店を行動圏内に見つけること

そのお店を友だちに勧めたり一緒に行くこと

近くの映画館で映画を見ること

映画で涙をたっぷり流すこと

商店街を練り歩くこと

商店街のおにぎり屋さんやお豆腐屋さん、お肉屋さんを見ること

歩きながら、将来は商店街がある街に住みたいなぁと考えること

なんこか先の駅にも、お気に入りのお店があること

この街が好きだなぁと思えること

 

もっともっと増やしたい、すきなこと

日常の中にすきなことをみつける幸せ

こんどはあなたと。

ダメでクズ ウサギとカメ

f:id:miyonnn:20170329015924j:plainf:id:miyonnn:20170329020040j:plain

自分ってなんでこんなにダメでクズで使えない人間なんだろう


って不定期で思うことあるよね

ポジティブな私ですらあるよ

こんな風に落ち込んで落ち込んで、ふと忘れて「えーい!なんとかなる!」なんてすぐ思うのだけど、やっぱりダメでクズで使えないんだよなぁ。

失敗なんて誰だってするとか

失敗って続くんだよとか

逆によかったねとか

うんうん、ありがとう。優しさ沁みる。


怒ってもらった方が何倍も楽だなぁと優しくされると思う。怒られたら怒られたでヘコむのは分かってるけど。我が儘。


涙は女の武器だ

だなんて言って世の中に定着させた奴出てこい

泣きながらぶん殴ってやる!!

人様の涙はまた別の話なのだけど

自分の涙は悉く許せない。大嫌い。

あ、感動の涙は別物。美しい。

泣きたくないのに溢れてきて、惨め。弱虫。その度に自分のこと嫌いになる。


でも、不器用なりに気を遣ってくれてること気が付いてるよ。

気がつくことって絶対的な能力だと思うの。

自分のこと買い被ってるわけじゃないし、もちろん気が付いてないこともたくさんあるから

でも絶対そうよ。

とことん信用してくれてることも

認めてくれてることも

もちろん弱みや苦手なことも

気付いてくれてる。その分気づいてる。


こんなんでヒイヒイ言ってられないのよわたし

今日は数字にするとハードだったな。

5:30に起きてそのまま出勤。定時は17:30。そのまま買い出しに行ってクレープを夕飯として食べてから次年度の準備。帰宅は24:20頃。シャワーを浴びて現在1:45。

わたしはコーヒーやエナジードリンクを飲んでもコロッと寝れてしまうので、起きていたい時は気合いと集中力に頼るしかありません。

とにかくへこんでいたってしょうがないことは分かっているので、ヤケ食いヤケ酒したい気分。を、我慢して、ホットのカフェラテとアルフォート白。落ち着こう。

自分は本当に使えないしドジで緊張感がなくてミスも多いけど、だからこそ落ち着こう。焦ると何もできなくなるタイプなのは重々承知してるので、まずは深呼吸。


誰よりも早く出勤して、みんながやらない仕事をやることが偉いわけじゃない。

会議で発言することが偉いことじゃない。

誰よりも遅くまで残って、みんなでやる会議の準備や式の準備をしていることが偉いことじゃない。

分かってる。分かってるけど、絶対に必要なことだって信じてる。

後は、ポジティブが裏目に出ないように生きること。人生信じて努力してれば叶うことばかりじゃない。信じることを忘れた瞬間や、燃え尽きて焦点が合わなくなった目に光が差すこともある。


自分のペースで?

ううん、今は急発進急加速で、たまに急ブレーキ。でも左右前後の確認は忘れずに。


さぁ、何に追いつくかな。

うさぎとカメのいいとこ取り。


現在2:01。おやすみなさい。



🐇🐢